美しく咲くバラのような女性になるための美容法をご紹介

このサイトのテーマはバラのようなキレイな女性になること。それを目指して特におすすめの美容法を日々研究、紹介していきます。決してお金がかかるものだけではなく、低コストで、場合によっては無料できる美容方法も随時掲載していきますよ!

避けては通れない美容法その1:脱毛

ここ5年くらいずっと脱毛が常識になっていますが、正直言ってその通りだと思います。ムダ毛があるだけで全てが台無しになりますし、今後何年も自分で処理するくらいならお金を払っても脱毛に行ったほうがコスパは何倍もいいのは分かりきっていることなんですよね。本来、ローンを組んでも行くべきだと私は思っています。

私は元々非常に体毛が濃く、特に脇は男の人?と思うほど毛が濃く、とてもコンプレックスに思っていました。
ですので普段は暑くても脇が見えない半袖などの洋服を着ていましたが、学生時代の部活の試合のユニフォームがタンクトップだったので試合の前の日はとても頑張って腋毛処理をしていました。
いつもはかみそりで剃っているのですが、剃っても皮膚の下に黒い毛が見えていたり、深めに剃ってもその日の夕方にはちょびっと毛が顔を出してくるので夕方から腕を上げる動作が怖くて出来ませんでした。
そこで、いっそのこと毛抜きで全部抜いてみようと思い、1時間程かけてほとんどの毛を抜いてみました。抜く時に皮膚まで引っ張ってしまい赤くポツポツがいくつかできましたが剃るよりもきれいに処理出来たので満足でした。多少失敗して赤いポツポツになってしまったところがが汗で染みて痛かったですが夕方になっても毛が顔を出してくることはありませんでした。
それから一週間後程経って脇を見てみると新しい毛が皮膚を突き破ろうと黒いブツブツとして現れてきました。それは赤いポツポツよりも目立ちました。しかし実際に毛が皮膚の外に出ているわけではないので、処理の施しようがありませんでした。たまたまノースリーブの機会がなかったのでよかったのですが、人様に見せられない状態が1カ月も続き、これなら毛をカミソリで剃った方がましだったと思い毛抜きで抜いたのを後悔していました。

そんな学生時代も終わって自由にお金が使えるようになってからは、永久脱毛を目指して医療レーザー脱毛をするようになって劇的に変わりましたね。当然その前に脱毛サロンも利用したんですがあれは意味がなかったです。医療脱毛は2016年ころから始めたんですが大宮にリゼクリニックができ、全身が30万円ほどで脱毛できるというかなり良い条件のところなんです。昔は大宮でもあまりケていなかったですが、今の環境はかないいろいろ揃っていて都心並みに使えますね。こんな感じです:大宮の医療脱毛
まぁどこに住んでいようと、このサイトで医療脱毛選びのポイントがある程度わかるかと思いますのでぜひ参考にして貰えればと思います。

避けては通れない美容法その2:保湿

ニキビや脂性で悩んだ事はないてすが元々アトピーがあり季節の変わり目や刺激に弱く夏場でも乾燥しがちです。化粧品は香料の強い外資系は殆ど利用できません。特に油分の少ない目元が乾燥しがちです。石鹸は太陽油脂の「お風呂の愉しみ」のオリーブオイル石鹸、拭き取りと引き締めにオードムーゲの化粧水、保湿成分たっぷりの無印良品の化粧水を使い後は夏場は同じく無印良品のホホバオイル冬場はさらにニベアで保護しています。
ホホバオイルはさらっとしていて夏場でもあまりべとつかないので重宝しています。
顔だけでなく手足のカサつきにも利用しています。後は外出する際にはDHCのサンプロテクトのUVクリームで保護あまり美容液は使いません。時々別の商品に浮気する事もありますがホホバオイルはずっと使い続けています。
化粧品も大事ですがやはり身体の中からケアする事も必要だと思います。私はネイチャーメイドのサプリメントでビタミンミネラルを補給。後は別にコラーゲンサプリメントを摂取しています。食事から摂取するのが一番だと思いますますが中々難しいので補えないならサプリメントを活用した方が良いと思います。
後は疲れを溜めない。好きな香りのアロマオイルでリラックスを心がけてています。